バネ指

膝・肘・指・股関節の痛みがスッと消えてなくなる薬用関節痛クリーム【PF11】

腱鞘炎の一種とも腱鞘炎の症状が悪化した状態とも言われるばね指というのは、既に知っている、既に経験済みという方も少なくないかと思いますが、耳にしたことはあるけれど詳しくは知らないという方も多いのではないでしょうか。

指というのは腱によって曲げ伸ばしをすることができ、手を握ったりする強い力を発揮する筋肉は前腕にあり、その力は腱が伝えてくれるものです。その力の通り道で指を曲げる屈筋腱が浮かび上がらないように押さえているのが靭帯性腱鞘と呼ばれるもので、この関係性は簡単にいうとベルトとベルト通しのような関係ということができます。

この靭帯性腱鞘は指の部分にありますが、それが終わる指の付け根付近に力がかかり、炎症を起こしやすいものでもあります。その部分の腱や腱鞘が炎症を起こして腱鞘炎となり、それがさらに悪化していくと指の曲げ伸ばしにひっかかりが生じるようになりますが、その曲げ伸ばしにひっかかりが生じた状態をばね指・バネ指、または弾発指といいます。

ごく簡単に言うとばね指は、指の使い過ぎによる負荷によって炎症が起こり、そこを動かす度にその部分にさらに摩擦が加わり、炎症が酷くなっていくものということができます。

ばね指の名称は表記する方によって若干の表示に違いがありますが、ばね指もバネ指も弾発指も同じ状態を指示しますから、ひらがなでもカタカナでも漢字表記でも基本的には何の違いもありません。

ばね指は男性よりも女性に生じることが多いと言われ、特に更年期の女性や妊娠出産期の女性に多いようです。なぜ更年期の女性や妊娠出産期の女性に多いかというと、ホルモンバランスもばね指に多かれ少なかれ影響を及ぼしていると言われているからです。

しかし、ホルモンバランスだけがばね指の発症の原因という訳ではありません。腱や腱鞘の炎症が原因ですから、手の使い過ぎや指をよく使う仕事に従事されている方、手を使うスポーツなどをされている方にも多く生じるのが特徴的です。

また、現代においては指をよく使う仕事に従事されている方だけでなく、日頃からスマートフォンを片手で操作することが多い方などにもばね指になる方が増えてきています。それ以外にも糖尿病やリウマチ・透析患者にもよく発生すると言われ、特に発生することが多いのは親指と中指で、小指などでもばね指を起こす場合もあります。

ばね指になると、指の付け根の腫れや痛み、熱感といった症状が出てきます。朝方にこういった症状が出ることが多いと言われ、日中は指を使うことで症状が一時的に軽くなるということも少なくありません。症状が進行していくと指の曲げ伸ばしのひっかかりが酷くなったり、指の曲げ伸ばしが困難になり、さらに症状が進んでいくと指が全く動かないという状態になってしまいます。

もしもこういった症状が出てきたら、痛みや腫れ・指の違和感を我慢せず、なるべく早めに病院へ行くことをお勧めします。ばね指は整形外科で診てもらうことができますから、とりあえずお近くの整形外科で診察をしてもらいましょう。

ばね指だと思っていたら実は外傷性の捻挫だったとか、骨に問題があったといったことも少なくないようですから、一度病院でしっかりと検査を受けると安心です。

また、初期の段階の軽い腫れや痛みであれば、市販の湿布やクリーム・痛みどめの薬を服用し、今までのように指をハードに使うのをやめて、なるべく安静にして過ごすことで治せることもあります。

湿布やクリーム・痛みどめの薬などは薬局やドラッグストアー・インターネットの通販サイトなどで購入することができますから、違和感を感じ始めたら炎症が酷くなる前にそれらを使って自分で対処するというのも1つの治療方法と言えそうです。

ばね指の治療は病院で受けても基本的には患部の固定と湿布やクリーム・痛みどめの薬といった保存療法を取る場合が大半で、痛みや腫れの酷い場合には腱鞘にステロイド注射をして炎症を抑える方法を取る場合もあります。

特にステロイド注射の効果は有効で、おおむね3か月程度は効果が持続され、症状が完全に抑えられますが、ステロイドの効果が切れると症状が再び出てくるという場合もあります。

また、あまりに症状が酷い場合や繰り返し症状が出てしまう場合には手術によって腱鞘を切開することもあります。切開するのは腱鞘の一部分だけですから、大きな傷は残らず小さな傷だけで済みます。

実際、手術をするまでの状態になってしまう場合というのは少ないですが、何の治療も行わずそのまま放っておくと、症状は改善されることはなく悪化の一途を辿りますから、我慢して放っておくことだけないように気を付けた方が良さそうです。

ばね指は基本的には手や指の使い過ぎが原因となって生じるもので、適切な治療さえ行えば完治させることは可能なものです。しかし、治療を行いながらも手や指の酷使をやめない、そういった生活を改善しようとしないとなると、治療自体がごまかしでしかなくなってしまいかねません。

仕事などのやむを得ない状況でない限り、治療を行い始めたら、それと合わせて手や指を酷使する生活スタイルの改善もはかっていくことが完治と再発防止への近道ともいえます。

症状
疾患
コラム
  •  
ホームへ戻る