テニス肘

膝・肘・指・股関節の痛みがスッと消えてなくなる薬用関節痛クリーム【PF11】

テニス愛好家の中高年に多いと言われているのがテニス肘ですが、これは一般的には年齢の上昇に伴って肘の腱に起こると言われています。ただし、病態や原因というのは分かっていないものの、主に短橈側手根伸筋の起始部が肘外側ないし内側で障害されて生じると考えられています。

テニス肘はテニスのストロークを繰り返し行ったことによって起こる障害で、バックハンドストロークで肘の外側を痛めるバックハンドテニス肘とフォアハンドストロークで肘の内側を痛めるフォアハンドテニス肘の2つに大きく分けることができます。

バックハンドテニス肘は手首を背屈(甲側に曲げる)筋肉がついている上腕骨外側上顆(肘の外側のでっぱった部分)に発生するために上腕骨外側上顆炎とも呼ばれていますし、フォアハンドテニス肘は手首を掌屈(手のひら側に曲げる)筋肉がついている上腕骨内側上顆に発生するために上腕骨内側上顆炎とも呼ばれています。

テニスをされている方に多く見られる炎症であることから一般的にテニス肘と言われてますが、これはテニスをしないという方でも加齢などが原因で起こると言われてます。また、男性よりも女性に起こりやすいと言われています。

テニス肘になるとどういった症状が出てくるかというと、基本的には痛みですが、何もしていない安静にした状態であれば痛みが出ることは少ないものです。ただし、雑巾を絞る、重たい物を持つ、ドアノブを捻るといった捻る動作やねじる動作を行うと、肘に痛みが走ります。

この痛みの走るポイントを見ると、テニスをしていなくても起こる可能性があるというのは頷けますし、男性よりも女性(特に主婦の方)に多いというのも頷けるのではないでしょうか。

テニス肘の治療は、痛み止めや炎症を抑えるための塗り薬やストレッチといったリハビリが中心となりますが、痛みがあまり酷い場合にはステロイド注射を行う場合もあります。

また、病院で塗り薬を処方してもらったり、ストレッチといったリハビリを行う以外にも、鍼灸院で針治療で治すという治療方法の選択肢もありますから、どういった治療方法を選択するかは、ある程度自分の自由にできるようになっています。

ただし、鍼灸院での針治療を選択する際には、鍼灸院へ行く前に一度整形外科で検査等をしっかりと受け、骨に問題がないか、本当にテニス肘であるのかどうかを調べてからいくようにするのが良さそうです。

テニス肘の治療は塗り薬やリハビリといった理学療法を行う場合がほとんどですので、骨などに何も問題がない場合には、痛みどめや炎症どめの塗り薬や湿布を使って自分で治療を行うという方法もあります。

最近の市販薬は効果の高いものも多いですし、部位によって使い分けることができるようなタイプのものもたくさん販売されていますから、そういったものを上手に活用するのもいいかもしれません。

それ以外にもテーピングによって患部を固定し、肘にかかる負担を軽減させ、自然と炎症から回復させるという方法もありますから、テーピングに詳しい方であれば、テーピングで治療するという選択肢を選ぶこともできます。

ただし、テニス肘は薬を使い始めたからといってすぐに治るものではありませんから、根気強く治療を続けていき完治させることが大切です。痛みどめの薬を塗ったり貼ったりしながら、今までと同じように腕や肘・手首などを酷使し続けてしまうと、せっかく治るものもなかなか治らなくなりますし、痛みを騙し騙しで生活を続けていくのではストレスにしかなりませんし、最悪手術になってしまう場合もありますから、治療を始めたら少し原因となる動作を控え、なるべく安静にして早く完治させる努力をするようにしましょう。

テニス肘は症状の緩和にも予防にもストレッチが効果的と言われてますので、日頃から上腕部を伸ばすといったストレッチは欠かさないようにするのが良さそうです。特にテニスをプレーされる方の場合は、プレーの前後にしっかりとストレッチを行い、腕や肩・手首になどにかかる負担を軽減させておくと安心です。

また、筋力アップすることもテニス肘の症状緩和や予防にも効果があると言われてますから、肩から上腕部はもちろん、手首に至るまで軽い負荷をかけて継続的に鍛えておくのも良さそうです。ただし、何ごとにおいても言えることですが、やりすぎは逆効果になりますので、筋力アップさせたいからといってガシガシ鍛えてしまうと、逆に肩や腕を痛めてしまう可能性があるということもしっかりと覚えておきましょう。

ストレッチや筋力アップの他にもサポーターを使用して予防や症状の緩和をはかるという方法もあります。しかし、サポーターをすると動きにくくなったり、上手く力が入らなくなったりしますし、サポーターに頼りすぎると筋力低下を起こしてしまう場合もありますから、痛みの酷い時にだけ使うとかテニスのプレーをする時にだけ使うといった風に、要所要所で用いるようにするのが良さそうです。

サポーターに関してはテニス肘専用のものがドラッグストアーやインターネット通販などで販売されていますから、そういったところで購入するのが良さそうです。また、整形外科でも販売しているところもありますので、一度相談してみるのもいいかもしれません。

症状
疾患
コラム
  •  
ホームへ戻る