関節リウマチ

膝・肘・指・股関節の痛みがスッと消えてなくなる薬用関節痛クリーム【PF11】

リウマチと聞くと何となくこんな病気だったなぁ~と分かる方も多いかと思いますが、もともとリウマチというのはギリシア語で流れるという意味を持つ言葉で、筋肉や関節に痛みと炎症を起こす毒素が体のあちこちへと流れていって引き起こされるという意味から名づけられました。

現在、リウマチというのは広い意味で指されているものと狭い意味で指されているものがあり、広い意味での場合はリウマチ性疾患全般を指し、狭い意味では関節リウマチを指すという2種類の意味合いに分かれている場合があります。

リウマチ性疾患とは、筋肉・関節・骨・靭帯などの運動器にこわばりを起こす疾患で、これには全身性エリテマトーデス・全身性強皮症・ライター熱・甲状腺疾患・副甲状腺疾患・関節リウマチ・変形性関節症・膠原病・痛風・慢性疲労症候群などたくさんの疾患が含まれています。

ただ、たくさんの疾患がリウマチ性疾患にはありますが、リウマチと聞いて一般的によく知られているものといえば狭い意味合いで指示される関節リウマチではないかと思います。

関節リウマチというのはその名の通り、体のあちこちの関節で炎症が起こり、関節が腫れて痛みが出る疾患で、症状が進行していくと関節が変形してしまったり、機能障害が起こって思うように動かなくなったりしてしまいます。

30歳以上の人口の1%が関節リウマチであると言われていますが、基本的にはどの年代においても発症する可能性というのは否定できません。ただ、30代から50代で発病する人が多く、男性よりも女性に多く、女性の発病数は男性の発病数の3倍程度であると言われています。

残念ながら関節リウマチは完全に原因が解明されている訳ではありませんが、関節リウマチを発病する方の多くに免疫系の異常が認められています。そのため遺伝子の何からの異常か、感染した微生物(細菌やウィルス)の影響か、あるいはこの両方の組み合わせによって起こるのではないかと推測されています。

この免疫系が異常に活動する結果として、関節の毛細血管が増え、血管内から関節滑膜組織にリンパ球・マクロファージ・白血球が出てきます。このリンパ球やマクロファージが畜産するサイトカインと呼ばれる物質の作用により、関節内に炎症が引き起こされ関節の内面を覆っている滑膜細胞の増殖が起こります。その結果、痛みや腫れが起こり関節液が増加し、骨や軟骨の破壊が進んでいくと言われています。

関節リウマチの症状には関節の症状と関節以外の症状があります。関節の症状としては、手の指の付け根・足首・手首の関節の痛みが数週間から数か月かけて徐々に起こり、痛みだけではなく触ると熱感があったりする場合もあります。また、肘や膝といった関節に痛みが出る場合もあります。

関節の痛みやこわばりは朝起きたばかりの時に感じることが多く、なんとなく動かしにくいと感じながらも動かしているうちに、段々と楽に動かせるようになっていきます。また、朝起きた時と同様に、しばらく動かしていなかった状態からいきなり動かすとこわばりを感じることもあります。

関節痛に関しては良くなったり悪くなったりを繰り返して慢性の状態が続く場合が多いのですが、数か月程度で治ってしまう方もいれば、逆に悪化していってしまう方もいますから、関節痛に関しては個人差が非常に大きいともいえそうです。

また、痛みもこわばりも天候や気温に左右されることが多く、天気の良い日が続くと痛みもこわばりも少なく軽くなりますが、雨が降ったり寒くなって来たりすると痛みもこわばりも酷く強くなってくることが多くなる方が多いようです。

関節以外の症状としては疲れやすさ・脱力感・体重の減少・食欲低下などがみられたり、肘の外側、後頭部、腰骨の上側など圧迫が加わりやすい部分の皮下にしこりを生じる場合もみられます。また、胸水がたまったり、肺の下部に肺線維症と呼ばれる影が胸部エックス線で写ったりする場合もありますし、涙や唾液が出にくくなるシェーグレン症候群になる場合もあります。

関節リウマチの治療は原因が今のところはっきりと分かっていないため、原因を取り除く根治療法は期待できませんが、抗リウマチ薬などの投薬治療を行うことで、症状の緩和・関節の破壊や変形の予防・破壊された関節の再建・身体機能の保持・QOLの維持などは可能となっています。

関節リウマチは関節だけでなく全身が消耗してしまう疾患であり、関節リウマチの活動性が高い時には痛みや腫れだけでなく微熱を伴う場合もあります。ですから、生活の中で気を付けたいこととしては、睡眠を十分にとって体にしっかりと休息を与えることはもちろん、日中の活動中であっても疲れたら無理をせずに横になって休むといったことを意識的に行うことが大切といえます。

また、先ほども書いた通り、寒くなると症状が酷くなる場合が多いので、体が冷えないようにしっかりと保温対策を季節に関係なく行うことも大切だと言えます。

このように関節リウマチは残念ながら現時点では完治させる方法というのはありません。ただし、治療を受けることで現状維持もしくは現状から多少なりともの回復は可能ですから、辛い思いを少しでも減らすためにきちんと医師の指示に従って治療を受けるようにしていきましょう。

症状
疾患
コラム
  •  
ホームへ戻る