足底腱膜炎

膝・肘・指・股関節の痛みがスッと消えてなくなる薬用関節痛クリーム【PF11】

ランニングやウォーキングを日常的に行うという方やエアロビクスなどの運動をされる方が増えたことに合わせて、足底腱膜炎を起こされる方が年々増えてきていますが、特に40代以上の方に発症率が多くなっていますので、こういった運動をする習慣のある方で40代以上の方は注意が必要と言えそうです。

そもそも足底腱膜炎というのは、足の裏にある足底腱膜がランニングやウォーキング・ジャンプなどを繰り返すことによって繰り返し牽引力がかかり、その結果として炎症を起こして痛みを生じさせるものです。

足底腱膜というのは足の裏の筋肉の中でも特に中央に集中している厚くなった部分を指しており、かかとの内側の底面から起こり、5本の足の指の付け根それぞれに繋がっています。

分かりやすく言うと、かかとからつま先までを繋げている筋肉で、特に土踏まずに集中していて、足の裏の運動に際して働いている筋肉のことです。

足底腱膜は歩く・飛ぶ・走るといった動きの際に、必ず伸びたり縮んだりするもので、普段のごく普通の何気ない動作の際にも負担は多かれ少なかれかかっているものですが、運動をすることによって通常以上に負荷がかかり、それが要因となって炎症が起こるのが足底腱膜炎です。

足底腱膜がある土踏まずは基本的にアーチ状になっていて、地面には直接接しないようになっています。土踏まずがアーチ状になっているのは、足にかかる衝撃を和らげるためで、このアーチは足の裏にかかる負担や負荷を減らすために大きな意味を持っています。

偏平足で土踏まずにアーチの少ない方の場合は、常に足底腱膜が伸びきった状態になっているため、足底腱膜のかかと側の付け根に常に強い力が加わっており、足底腱膜炎になる可能性というのは高くなります。

それならば土踏まずのアーチが高い方がいいのではないかと思われるかもしれませんが、土踏まずのアーチが高い方の場合は足底腱膜が常に伸縮した状態になっており、それが伸びる際に強い力が必要となるため、偏平足と同様に足底腱膜炎になる可能性は高くなりますから注意が必要と言えます。

足底腱膜炎で現れてくる症状は基本的には痛みです。特にかかとの辺りに痛みが出て、歩くという動作をする際に強い痛みが走るようになります。また、かかとの辺りだけでなく、かかとから土踏まずにかけて痛みが出るという方もおり、どこに痛みが出ているかに関係なく、朝一番の動作の際に強く痛むという共通点があります。

足底腱膜炎になりやすい方というのは、先ほど触れた通り、偏平足であったり土踏まずのアーチが高い方ですが、それ以外にもBMI数値の高い肥満気味だったり肥満だったりする方や足首の関節が固い方、長時間に渡って立ちっぱなしの仕事に従事されている方、地面の状況に合わせて靴を変更しない方などが足底腱膜炎になりやすいと言われています。

人間の下半身というのは股関節・膝関節・足首・足の裏のアーチの4つで運動時の衝撃を緩和し、下半身や足の裏にかかる負担や負荷を軽減させています。この4つのうちの1つでも柔軟性がなくなると、他の部分にかかる負担が増えてしまうものですから、この4つの全てについて意識を向けておくことが、足底腱膜炎に限らず関節痛などの予防においても重要なことと言えます。

そうはいっても、どんなに注意して気を付けていたとしても、足底腱膜炎になってしまう場合はあります。もしもかかと付近に痛みを感じるようになったら、そのまま放っておかずになるべく早めに整形外科を受診するようにしましょう。

足底腱膜炎の治療というのは鍼灸院やスポーツマッサージ・整体などでも受けることができますが、まずは骨などに異常がなく間違いなく足底腱膜炎であるということを確認するために整形外科を受診するようにしましょう。

足底腱膜炎の治療には消炎鎮痛効果のある湿布やステロイド注射・テーピングによる患部への負担軽減という方法が用いられますが、基本的には炎症の原因となっているハードな運動を中止して安静にするということが1番の治療法となります。

しかし、この治療法の場合、炎症が治まった後にまた同じようにランニングやウォーキングを行うようになると、繰り返し炎症を起こしてしまう可能性というのは否定できません。ですから、整形外科による治療はその場しのぎの治療で、根本的な解決にはならないと考える方もいらっしゃいます。

日常的にスポーツを行う習慣のある方、治療後にスポーツを再開したいと考えられている方は、鍼灸院やスポーツマッサージ・整体などを組み合わせて足底腱膜炎の根本的な問題解決を目的としている医院などもありますから、そういったところに相談して治療を行っていくのも1つの治療方法といえそうです。

足底腱膜炎の予防法としては、下半身の4つの関節のバランスを保つこととそれぞれの柔軟性を高めることが大切です。運動する前後のストレッチを欠かさず、運動量は一気に増やすのではなく少しずつ体を慣らしながら増やしていき、決して無理はしないようにしてください。

症状
疾患
コラム
  •  
ホームへ戻る