膝関節の痛み

膝・肘・指・股関節の痛みがスッと消えてなくなる薬用関節痛クリーム【PF11】

運動を制限される膝の痛み

中年以降の女性に特に多い症状である膝の痛み。

 

痛みそのものよりも足を引きずるようにして歩くしかないという不格好さが原因で、運動量が落ちてしまうという方もいます。

歩く量が減り外に出る量が減ると、筋力や骨はさらに弱まって関節への負担は重くなりますし、運動量が減ることによって体重が増加すれば、膝への影響は増すばかりです。

そう考えれば、膝の痛みを取り除き、少しでも元気に歩ける状態を長く保つことはとても大事なことだと感じると思います。

しかし、膝の関節痛を治すのは難しい。

 

一体、膝の関節痛はどのように治せば良いのでしょうか?

変形性膝関節症の治療法

中高年以降の膝痛の原因は、変形性膝関節症と呼ばれるものであることが多く、原因は女性ホルモンの減少に伴う骨自体の弱り、加齢に伴う筋肉の弱り、関節成分の減少や損傷だと言われています。

痛みの解消法としては、運動をして血流や筋力を高めることや、膝のお皿を支える筋肉のマッサージが有効です。

膝痛は加齢と共に起こりやすい症状で、多くの方が経験するものですから、ある程度の症状は仕方ないと思われる部分もあるかと思います。

しかし、痛みには原因があり、原因に対処することで痛みを取り除くことは可能なのです。膝関節症の痛みを軽減するには少しでも良いので膝関節を動かすことが大事。だけど、これがどうしても難しい。

『患部に塗るだけで膝の痛みが嘘のように消える塗り薬があったら良いな~』と思われた方、そんなあなたにPF11という薬用関節痛クリームをご紹介したいと思います。

膝関節痛治療に適しているPF11

PF11の意味は、ペインフリー(Pain Free)のための成分が11種類入っているというものです。

PF11を患部に塗るだけで痛みがスッとなくなってしまうポイントは、「消炎作用」、「血行促進作用」、「痛みの原因を取り除く作用」の3点に着目した成分がたっぷり含まれているところです。

特に、「コンドロイチン硫酸塩」は軟骨を元気にする作用があり、普通はサプリメントとして経口摂取するものです。しかし、PF11では皮膚から直に刷り込むことで患部に浸透させ、痛みを和らげる効果が期待できます。

その他の注目成分としては、副作用のない天然の痛み止めとして注目されている「MSM」を配合。

また定番のメンソールから聞きなれない「フランキンセンスオイル」、「アルニカ・モンタナエキス」と言ったものを含有し、トータルで11種類の有効成分があなたを痛みから素早く解放してくれます。

PF11は痛むときに使用することで、スッと痛みが消えていく効果を実感できますが、痛みが消えたときには、僅かでも膝を動かすこと、膝周りの筋肉を柔らかくすることなどの工夫も必要です。

PF11を塗るときは念入りに膝周りをマッサージしてください。痛みが治まったと思ったら、できるだけ膝を動かすようにしてください。

PF11があれば、長年悩んでいた膝の痛みから解放される可能性がグンと上がるのでしょう。

症状
疾患
コラム
  •  
ホームへ戻る