股関節の痛み

膝・肘・指・股関節の痛みがスッと消えてなくなる薬用関節痛クリーム【PF11】

女性に多い股関節痛の原因

股関節の痛みは厄介です。痛みのもとが比較的身体の奥にありますし、歩くときどうしても足を引きずるようになってしまう。

股関節の痛みを訴えるのは圧倒的に女性が多く、それは女性が男性に比べ筋力が弱いことと、出産のため関節が浅く作られているからという、元々の身体の作りが影響しているようです。

そして実際のところ、妊娠に伴って増える体重と、出産時に足や股・骨盤が強引に開かれることが原因で、股関節痛を発症する人は多いようです。

最初は動き始めや立ち上がるときに痛みを感じる程度ですが、段々と関節の動かせる範囲が狭まり、安静時にも痛みを感じるようになり、股関節が変形する変形性股関節症になってしまうこともあります。

また、股関節が痛くなる原因は女性の出産だけに限らず、いつもの歩き方の癖や慣れない運動による無理な動きで引き起こされることもあるでしょう。

原因は人それぞれですが、股関節の痛みは放っておくと悪化し、日常生活が大変不便になってしまう可能性が高いですから、予防や早めの対策を取ることが大事です。

股関節痛の一般的な治療法

股関節の痛みはそのうち治るだろうと楽観するのではなく、病院や整体に見てもらうことがとても大切です。

どんな原因で股関節に負担がかかっているのか?日頃どんな動きに気をつけなければならないのか?現状で骨がどのような様子になっているのか?をしっかり把握しましょう。

その上で指導を仰ぎながら適切な筋肉トレーニングをすること、必要ならば補助具を使った股関節の負担軽減、酷い場合は外科的な処置という風に治療の内容は変わってきます。

ところが、実際には病院や整体には行かず、痛みに耐えながら生活している方が非常に多いようです。

運動と言っても多くの場合、股関節症が酷くなれば動くのが億劫で積極的なトレーニングをしようと思わず、それどころか日々痛みに耐えるだけで精一杯だということも。

そのうち股関節だけではなく、無理がかかるお尻の筋肉や付け根の外側、そして腰にまで痛みを抱えることになる。股関節痛は治すのが難しい症状なのです。

しかし、初期での治療が股関節痛の鍵。運動や日ごろの生活上の癖を直すことはとても大事。

そこで、少しでも前向きに治療を行うための優れたサポートアイテムとしてご紹介したいのがPF11という薬用痛み止めクリームです。

股関節痛の治療に適しているPF11

PF11は痛みを取るための成分が11種類も配合された塗り薬で、鎮痛・消炎作用と血行促進作用に優れています。

これら作用により、股関節痛だけでなく、その周辺の筋肉のこわばりにも効果があるので、患部の広い範囲に使用でき治療のサポートに有効です。

特徴として強調すべきなのは、PF11は塗ってから効果が表れるのが早いというところです。

特に血行促進作用は塗った直後、数分あれば実感できることなので、股関節をかばい不自然な歩き方をする股関節痛持ちの方の、こわばった足を癒すことが可能です。

関節の機能を助け痛みの原因を解消する「グルコサミン硫酸塩」や、これと組み合わせて使うことで関節の潤滑を助ける「セチルミリストレート」も配合されており、痛みを取る作用は湿布薬やスプレーとは比べ物になりません。

しかし、比較的身体の奥まったところにある股関節にまでピンポイントで浸透するかどうか確実に効果があるとは言い難いところでもあります。

ただし、股関節付近の皮膚は比較的弱く、湿布ではかぶれてしまうということもあったでしょうが、PF11であればスースーとした刺激のあるメンソールが1%以下というマイルドな配合なので、痛むたびこまめに使っていただくことが可能です。

股関節痛治療で重要なのは何より股関節に負担をかけないためのトレーニングを積むことです。PF11はその過程で生じる筋肉のこわばりや股関節付近の激しい痛みをスッと消してくれますので、トレーニングの際の心強い味方になってくれるでしょう。

なお、PF11は90日間の完全返金保証付きです。もし期待通りの効果が得られなかったならば、購入代金を全額返金してくれるので安心して試してみてください。

症状
疾患
コラム
  •  
ホームへ戻る