変形性膝関節症

膝・肘・指・股関節の痛みがスッと消えてなくなる薬用関節痛クリーム【PF11】

中高年の方に多い変形性膝関節症は、男性よりも女性に多く、しかも50歳を過ぎるとぐっと悩まされる方の数が増えてくるため、年齢を重ねていく上で気を付けたい関節の疾患の1つと言えそうです。

変形性膝関節症は、膝関節のクッションである軟骨の擦り減りや筋力の低下が要因となって、膝の関節に炎症が起きたり、膝の関節が変形して痛みが生じる病気です。症状の進行度合いや症状の現れ方には個人差が大きく、人によって千差万別と言えます。

変形性膝関節症は、発病初期の段階だと痛みが起きてもすぐに治まってしまうことが多いため、それを病気のサインと捉えず歳のせいだろうと思い、病院には行かないという方が多いのが現状です。

一度発病すると若いころのような膝関節に戻すということができないものですが、適切な治療を受ければ症状の進行を遅らせることができ、今までとほぼ同じように日常生活を送ることも可能です。ですから、膝の痛みを歳のせいだと片づけたり諦めたりせずに、一度きちんと病院で診察を受けるようにしましょう。

変形性膝関節症は一次性と二次性に大きく2つに分けることができます。変形性膝関節症の多くは筋肉の衰えや肥満・加齢・無理な動作といったいくつもの要因が絡み合って膝への負担となり、その結果として軟骨が擦り減り発症します。このように原因が明確でないものを一次性変形性膝関節症といいます。また、靭帯損傷・半月板の損傷・膝周辺の骨折により関節軟骨の損傷・膝関節のねんざといった風に、はっきりと怪我や病気が原因として分かる場合のものを二次性変形性膝関節症といいます。

自分が変形性膝関節症かどうかということや、どのくらい症状が進行しているかということは、ある程度は自覚症状で判断することができますから、膝に痛みや違和感があるという方は自分が今どの程度の進行度合いであるのかを自覚症状から判断してみるのもいいかもしれません。

朝起きて歩き始めた時に感じる膝の違和感が変形性膝関節症において起こる最初の自覚症状です。この段階だと膝に力のかかるような動作を行うと膝に痛みが走ることもありますが、その痛みも少し休むと治まります。そのため、この段階で気づく人というのは少ないものですが、この段階が変形性膝関節症の初期の段階に当たります。

そこから少し症状が進んでいくと中期の段階になってきますが、中期になってくると膝の痛みをはっきりと自覚できるようになり、膝が完全に曲がらなかったり、膝を完全に伸ばしきれなくなり正座をしたりしゃがんだりといった動作が辛くなったり、階段の上がり下り(特に下り)が辛くなってきます。これ以外にも、膝の周りが腫れる・熱感が出る・むくみが起こる・膝に水が溜まっているような張っているような感覚が出てきたりもします。また、膝に力のかかるような動作を行うと膝からガリガリコリコリといった軋轢音が出るような感じを受けるようにもなります。

さらにそこから症状が進んでいくと末期の段階になりますが、末期の段階では日常生活に支障を来すほどの痛みが出てきます。そのため、買い物に行く・仕事に行く・家事をする・旅行へ行くといった今まで出来ていたことが思うようにできなくなり家にこもりがちになってしまうため、活動範囲が狭くなり、それがストレスとなって鬱状態になってしまったり、高齢者の場合だと認知症の症状が現れてきたりする場合もあります。また、末期の段階になると膝の変形も目に見えてはっきりと分かるようになってきます。

変形性膝関節症であるかどうかというのは、医師が患者さんの歩き方をみるところから始まり、痛みの状態や生活状況・病歴や怪我歴などを確認し、視診・触診を行い、さらにしっかりと膝の状態を確認するためにX線撮影・関節液検査などを行って総合的に判断されます。

それらの検査によって変形性膝関節症であると診断されたら、それぞれの状態に合わせた治療が行われていきます。ただし、治療とはいっても最初に書いた通り、膝関節を元通りにするということはできませんので、あくまで痛みを取って炎症を抑え、現在の膝関節の機能を少しでも高めるという対処療法になります。

変形性膝関節症の治療には、痛みや炎症を軽くして辛い状態から回復させるための薬物療法、痛みや炎症を抑えるための温熱療法・冷却療法、血行を良くして痛みを緩和させたり関節の動きをスムーズにさせるための運動療法があります。

これらの治療を行ってみても改善が見られない場合には最終手段として外科的療法(手術)が用いられる場合もありますが、これはあくまで最終手段ですから、すぐに外科的療法を行うということは基本的にはありません。

また、変形性膝関節症の治療というのは病院に通うことだけではなく、病院以外の日常生活において、自分自身で膝に負担がかからないように生活習慣の改善を行うことも大切なポイントになってきます。

たとえば肥満が主な原因で膝に負担がかかり、変形性膝関節症になってしまったという人が膝に負担がかかる肥満の状態を改善しようとしなければ、どんなに病院で治療を受けたとしても、結局はその場しのぎにしかならないものです。

ですから、自分の何が膝の負担となったのかを振り返り、病院で治療を受けるのと並行して、その原因の改善や解決を行っていくことは、変形性膝関節症の辛い状態を緩和させるためには必要不可欠なことでもあるといえるのです。

症状
疾患
コラム
  •  
ホームへ戻る