指関節の痛み

膝・肘・指・股関節の痛みがスッと消えてなくなる薬用関節痛クリーム【PF11】

日常に支障が出る手の指の痛み

指の関節が痛いという症状は意外に多いものですが、困ったことに原因に心当たりがないという方も珍しくありません。

握力を使う作業が多い方、指先を使うことが多い方、手首の消耗が激しい方であれば指に痛みが伝うことは納得できると思うのですが、特にそういう心当たりはなく、急に指が痛くなるということもあります。

そんなとき疑わしく思うのは、関節リウマチではないでしょうか?

他に指が痛くなるのは、手根管症候群という手首から指に繋がっている関節の炎症か、もしくは指の変形性関節症であるヘバーデン結節(もしくはプシャール結節)であるケースが考えられます。

リウマチの特徴としては朝が一番指のこわばりが痛く、時間が経つにつれてだんだん楽になっていくというものがあります。リウマチの場合、病院で早く治療を始めることが大事です。

そういった症状ではないというのであれば、手根管症候群やヘバーデン結節を疑った方が良いでしょう。

手根管症候群やヘバーデン結節の痛みはときに耐えがたく、日常に支障が出るものです。そんなとき、スッと痛みを和らげてくれるのがPF11という薬用関節痛クリームがあります。

指の痛みの一般的な治療法

指の痛みが酷くて、病院に行ったとします。

リウマチであればその治療が始まると思いますが、指の痛みで困るのが、お医者さんが特に何もしてくれない場合です。痛み止めやシップを処方して、「様子を見ましょう」で済まされる場合が多いのです。

手根管症候群であれば、簡単な手術で治せることも多いのですが、指の変形性関節症であればその痛みを治療するのは難しい。

ただし、この指の変形性関節症は1~2年で痛みが治まるのが一般的です。だからこそお医者さんも「様子を見ましょう」と言うのかもしれません。

とは言っても痛いものは痛い。酷いときには関節が腫れて、ジンジンと痛く熱く、「とても日常の家事をこなすなんて無理」ということもあるのです。

そんな耐え難い痛みに耐える数年をやりくりするためにとても役に立つクリームがPF11。ペインフリーな有効成分が11種類入った薬用関節痛クリームです。

指関節痛の治療に適しているPF11

関節の痛みは炎症が原因で起こります。

まず、PF11は炎症を抑える成分を7種類配合しています。そして、残りの4種類が痛みを解消するための成分となっています。

「痛みを解消する」とは、血流を促進したり、関節そのものに働きかけ潤滑剤の役割をする成分が含まれているということです。聞き覚えのあるもので言えば、サプリメント製品として有名な「コンドロイチン硫酸塩」があります。

「コンドロイチンって塗って意味あるの?」と思われる方も多いと思いますが、コンドロイチンは皮膚からも吸収されると言われており、患部にピンポイントで塗り込む方が効果的なのです。

また、例えば手根管症候群で指がビリビリと痛む場合、手根管(手首にあるトンネル状の管)に束になって通った神経が圧迫され、しびれや痛みを引き起こしていると言います。こんな痛みにも対応できるよう、神経のダメージから守る手助けをしてくれる「コリン」という成分をも含んでいます。

炎症のみならず、神経に触る痛みにも効果を発揮するのがPF11。指の痛みに広く活用出来る最適な薬用関節痛クリームなのです。

症状
疾患
コラム
  •  
ホームへ戻る