変形性股関節症

膝・肘・指・股関節の痛みがスッと消えてなくなる薬用関節痛クリーム【PF11】

股関節というのは上半身と下半身の継ぎ目であるため、上半身の重さを支える股関節というのは負担が大きく、痛みや損傷の出やすい箇所でもあると言われています。そのため、長年上半身の重さを支え続けた股関節は、中高年になると痛みが出やすくなり、酷い場合には日常生活の些細な動作にさえ支障が出てきてしまうようになる場合もあります。

股関節に炎症が起こり、痛みが出て日常生活が辛くなってきている場合、たんなる炎症や痛み・疲れなどという訳ではなく、変形性股関節症である可能性もありますから、何か変だなと思ったら病院で診てみてもらうようにすると安心です。

変形性股関節症は股関節が痛くなる代表的な疾患で、股関節を滑らかに動かすために骨の表面を覆うクッションの働きをしている関節軟骨が、何らかの原因によって擦り減ってしまうために起こってしまいます。

変形性股関節症は一次性と二次性の2つに大きく分けることができ、原因となる外傷や股関節の形態に異常などが見られない原因不明の場合を一次性変形性股関節症といい、骨や関節の外傷や怪我などが原因となっている場合を二次性変形性股関節症といいます。

欧米では変形性股関節症を発症する方の90%が原因不明の一次性のものであると言われているのに対し、日本では骨や関節に明らかな原因が見られる二次性の発症率が80%以上と言われています。

その違いが何によるものなのかははっきりとは分かってはいませんが、一次性変形性股関節症は肥満や老化といったものが原因となっている場合も多いので、欧米人に比べて小柄な日本人の場合だと一次性の発症率が少ないと推測することができるかと思います。

二次性変形性股関節症は、生まれつき股関節や骨の作りにやや問題のある先天性股関節脱臼の方や先天性臼蓋形成不全の方に発症する確率が高く、日本人の場合はこちらの原因が大半を占めています。

また、男性よりも女性の方が骨盤が横に広いため、股関節にかかる負担は女性の方が大きいと言われています。そのためか発症率は男性に比べて女性の方が高いのです。

発症時期に関しては10代から老年になるまでと様々ですから個人差が大きいものです。また、股関節に先天性の異常を抱えている方でも、事故などによって股関節を損傷されたりした方でも、比較的20代や30代の頃は特に支障はなく、40代に入ってから痛みなどを感じ始めるという方が多いようです。

変形性股関節症の主な症状は痛みですが、症状が進行していくにつれて股関節が変形していくため、だんだんと股関節の動きが悪くなり動きに制限がついていき、最終的には寝たきりになってしまうこともあります。

初期の段階のうちは長く歩いた後や運動後などに、股関節だけではなく太ももやお尻・膝の上あたりなどに鈍い痛みが出ることが多いのですが、しばらく休息を入れることで消えてなくなったり、続いても数日程度で消えてなくなります。

少し症状が進んでいくと、歩いたり立ち上がったり、階段の上がり降りといった動作の動き出しで股関節に痛みが走るようになり、それまでだと股関節以外にも痛みを感じていたにもかかわらず、次第に股関節周辺にのみ痛みが限られるようになってきます。

さらに症状が進んでいくと歩くたびに股関節の前後に痛みが走るようになり、休憩を入れないと歩くのが難しくなっていき、最終的には股関節を動かさなくても常に痛みがあるようになったり、眠っていても痛みが消えず、眠ることが痛みのために困難になってきます。

痛みが強く・大きくなるにつれて、足の爪を切る・靴下を履く・大きな段差を越えるといった動作がしにくくなり、股関節の動きが悪くなってきてしまいます。そこで股関節が痛むからといって動かないようにしたり痛む箇所をかばって動いたりすると、筋肉が硬くなったり筋肉が落ちてしまったりして、さらに股関節が動かしにくくなっていき、足をひきずって肩を大きく揺らして歩くようになったりする場合もあります。

変形性股関節症の治療は保存療法と手術療法の2種類がありますが、基本的には症状がかなり進行した状態でなければ保存療法を行って、経過観察を行いながら進行を緩やかにさせ、上手に付き合っていく方法を取ることが多いようです。

保存療法には、体重コントロールをして股関節にかかる負荷を減らすようにしたり、日常生活における負担が少なくなるようなポイントの指導、筋力トレーニングやストレッチなどで筋力低下を防いで血行を促進させる運動療法、痛みそのものを緩和させるための鎮痛剤などによる薬物投与などがあります。

それらを行ってみても改善が見られない場合や症状が進行していってしまう場合などには、骨を切って関節にかかる負担を減らす手術や人工股関節を設置する手術などを行う形になります。

年齢によって起こる変形性股関節症の場合はなかなか防ぐことというのは難しいものですが、肥満や姿勢の悪さなどによって股関節にかかる負担を減らすということは誰にでもできることですから、日頃から正しい姿勢で過ごすように心がけたり、太りすぎないように気を付けたりすることは予防においては重要なことと言えます。

ただ、どんなに気を付けて過ごしていても発症してしまうこともありますから、もしも股関節周辺に異変を感じたら、なるべく早めに病院へ行き、自分の状態を確認した上で医師の指示に従うようにしましょう。

症状
疾患
コラム
  •  
ホームへ戻る