足の親指の付け根が痛い

膝・肘・指・股関節の痛みがスッと消えてなくなる薬用関節痛クリーム【PF11】

足の親指の付け根が痛いのはなぜ?

足の親指の付け根が痛い場合、考えられる原因は以下のものが代表的なのではないでしょうか。

まず考えられるのが痛風です。

「高尿酸血症」が引き金となって発症する病気で、多くが激しい痛みを伴うだけでなく、発熱などの全身症状を起こすこともあります。

しかし痛風の関節痛は親指の付け根のみの症状とは限らず、他の足の指の付け根・手の指の関節・肩や肘といった箇所にも痛みが表れることがありますから、足の親指の付け根の痛みが即ち痛風という訳ではありません。その他の症状や尿酸値を参考にしましょう。

次に考えられるのは外反母趾です。

外反母趾は親指の付け根から小指の方向に曲がっている状態を指します。痛みには個人差はありますが、足の変形による靴擦れが痛いという方から骨が変形することで関節に負担がかかり、関節痛がつらい方もいます。

また、母指種子骨炎や中足指節関節痛も考えられます。

種子骨とは、いくつかの骨に見られる文字通り小さい種や豆のような形をした軟骨のことです。足の親指の付け根部分にも裏側に2つの種子骨があり、ここが繰り返し荷重を負うことで痛みが発生することがあります。

中足指節関節は足の親指の種子骨とほぼ同じ位置(裏表の位置関係)にあります。いずれも歩行時に痛むことや、痛む箇所に微熱や若干の腫れを伴うなど、症状が似ています。

問題はいずれか一方とは限らず、種子骨近辺の疲労や外傷がこわばりを生み、中足指節関節の炎症の原因になることもあります。

もちろん外反母趾が原因となることもあるので、足の指の付け根が痛いとき、まず自分で考えるべきは痛風かそうじゃないか、ということになるでしょう。

足の指の付け根の関節炎や疲労はどう治すの?

痛風であれば一刻も早く病院にかかることになりますが、どうやらもっと純粋な関節炎らしいと分かったらどうすれば良いでしょうか。病院に行かなければいけないでしょうか。

中足指節関節や種子骨が痛む原因は外傷や度重なる荷重が主です。

スポーツをする方・立ち仕事の方・特にヒールなど足に負担がかかるものを履いての立ち仕事は、この痛みを持つ方にとって非常につらいものでしょう。

特に人より多く立っていたり激しいスポーツをしたりしている訳ではないという方でも、靴が合っていないとか、歩き方に偏りがあり親指側に負担がかかりすぎているという理由で痛みが生じることがあります。

これはご自分では判断しにくいことかもしれませんから、靴を買うときなど直立時に体重負荷のバランスを見てもらうことや、中敷きを工夫することで一か所に負担がかかる状況を改善することができれば理想的です。

スポーツが原因なのであればまずは休息、そして骨折などがあるといけませんから医師に診てもらうとなお安心でしょう。

お仕事の都合上などで簡単には休息を取ることができないという方でも、サポーターやテーピング、もしくは痛み止めが必要だという方は医師に診てもらうことをおすすめします。

もし痛みだけでなく外反母趾のように足の変形があるのであればなおさら、専門の医師に診てもらうことが治療への近道です。

病院に行くほどでもないんだけど…

種子骨炎や中足指節関節の痛みであれば、ぜひとも病院に行かなければならないという方ばかりでもないでしょう。

専門家の診察を受けることが最も確実な対処法であることは間違いありませんが、緊急性を感じないのであればテーピングを施したり、負担の軽そうな靴に替えたり、靴の中敷きを替えると言った対処でずいぶん良くなることもあります。

症状はまだ軽いようだけど、例えば仕事も後半になると疲労が溜まってしまい、痛くてどうしようもなくなるという方もいるかもしれません。翌日までにダメージを減らすのが精いっぱいで、このままでは悪化するのも目に見えているという方。

やはり出来るのは靴の交換や中敷きやテーピングなどでごまかすことですが、もっと積極的に痛みを取りたいという方は、関節や筋肉の痛みを取るのに役立つ薬用関節痛クリームのPF11がおすすめです。

ビューティー&ヘルスリサーチ社による、痛みをごまかすのではなく取り除くための成分を贅沢に配合した、痛みを抱える方にとってとても頼りになる製品です。

痛みを止める薬用クリームPF11って?

PF11はネット通販のみで購入することができる薬用痛み止めクリームで、11種類もの痛みを緩和する成分が配合されています。

市販の鎮痛消炎剤と言えばシップかスポーツ用冷却スプレー程度しか見当たらず、病院に行けばやはりシップと痛み止めの薬をもらうのが普通だと思います。

シップやスプレーは一時のごまかしにはなるかもしれませんが気休め程度にしかならず、使用感やにおいの関係で使えるタイミングも限られ、あまり効果がないことが多いでしょう。

痛み止めは確かに痛みを忘れることができますが、痛みのもとを取り除いているわけではないのでやはりごまかしに過ぎません。

それらの対処アイテムとは異なり、PF11には、血行を促進したり炎症を抑えたりする成分と、痛みの元を取り除く成分が配合されています。

その場で迅速に痛みを取り除きながら、慢性的な筋肉疲労や関節の疲労を癒すことができるから、日々のケアに優れた効果を発揮するでしょう。

特筆すべき長所を一つ挙げるとすれば、鎮痛消炎剤に使用されるメントールの配合量が1%以下に抑えられている点です。それでもメントールのにおいは微かに感じますが、何より違いを感じるのが刺激感です。

シップやスプレーは入浴後や肌の弱い方にしみることもあるかもしれませんが、PF11ではほとんどひんやりとした刺激を感じないので、継続して利用しやすく、より足の疲労ケアには役立つものと思われます。

しかし、足の親指の付け根が痛い本当の根本的な原因は足の親指部分の酷使や、立ち癖・歩き癖・足の変形などによります。

これは薬では直りませんから、痛みを取り除く効果をPF11に期待しながらも、意識的に休息を取ること、靴や歩き方を見直すことなど根本的な対処が必要になるでしょう。

症状
疾患
コラム
  •  
ホームへ戻る